脱毛処理

つるすべ肌にあこがれて|脱毛処理事典

光脱毛が人気

よく聞く脱毛方法としてあまりにも有名なのはレーザー脱毛でしょう。
これは脱毛には興味のない中年男性でも知っているくらいですからその知名度は抜群といえるでしょう。
しかし、このレーザー脱毛はエステサロンでは使用できないということを知っている人は少ないのです。
それではレーザー脱毛はどこでできるの?という疑問は当然のことですが、場所となるとそれも当然ながら医療機関ということになるのです。
それはレーザー脱毛が医師でしか使ってはいけないことになっているからです。
そうなってくるとエステサロンではどのような脱毛が行われているのでしょうか。
それはとても気になりますね。実はエステサロンでもレーザー脱毛が行われていてそれが主流となっています。
もちろんレーザー脱毛という言葉は使えませんからそれが、光脱毛あるいはフラッシュ脱毛と呼ばれているのです。
名前を変えてもレーザー脱毛でしょ?という鋭い言葉も聞こえてきそうですが、
医療機関で使われているレーザー脱毛の出力を落としたのが光脱毛なのです。
これでからくりがわかったと思いますが、レーザー脱毛など出力が高いものは医療機関で、
それ以下の出力では光脱毛という名前でエステサロンで、という棲み分けとなっているのです。
もっとも出力が小さいということはメリットにもなりえます。それは肌に優しいということですね。
この光脱毛は主に大手エステサロンで特に利用されている脱毛方法です。
それは機器が高価なのも影響しているかもしれません。
光脱毛は有名なところで言うとミュゼプラチナムが採用しています。1度試してみる価値はあると思います。

日本でも脱毛サロンを利用する人はとても多くなっています。それでも女性を例にとると女性全体の1割ということです。
これは多いと見るか少ないと見るかなのですが、東京や大阪などでは街を歩くとびっくりするくらい脱毛サロンに出くわします。
そのようなことから大都市圏などでは脱毛サロンの利用客はもっと多いという印象を受けるくらいなのです。
それでも地方でも多くの脱毛サロンを見かけるようになりましたから、利用率においても大都市圏と地方の差はこれからどんどん狭まっていくでしょう。

 

それでは海外の脱毛はどうなのでしょうか

 

海外の脱毛事情はどのようになっているのでしょうか。
海外というとアメリカなどをすぐに思い起こしてしまいますが、アメリカではとても脱毛サロンの利用率が高いです。
日本では女性の1割ということですがアメリカでは5割といったところでしょうか、実に女性の半数近くは脱毛サロンを利用しているのです。
これはこれからもっと上がると見られていて、ちょっとした脱毛バブルが起こっているといった印象ですね。
日本の脱毛サロンと比較しても似たようなものなのですが、
そのフロアや待合室などは日本に比べてとくに広くなっているのが印象できであるといえます。
日本は常にアメリカの流行を追いかけていっているのですが、
今回は特にアメリカナイズされた現象で日本でも脱毛サロンの利用者はとても多くなるでしょう。
これはこれからがとても楽しみですね。

 

現状の日本の脱毛サロンは大手の会社が安心です。
例えば愛知県内でのランキングを見てみましょう。

 

名古屋脱毛

 

それぞれの脱毛サロンの特徴、人気などが見えてくるはずです。

続きを読む≫ 2014/02/11 01:23:11

Vライン脱毛やIライン脱毛という言葉も最近ではよく聞かれるようになりました。
これは特に女性に対して使われる言葉です。内容は言うまでもないと思うのですが、
Vラインについては下着などから毛がはみでないように脱毛をする場合にVラインという言葉が使われます。
これはもともと女性の間では自分でVラインの処理をしていた経緯があります。
もっともVラインという言葉は最近使われるようになったので耳新しい響があるのですが、
一昔前ではビキニラインという言葉がそれにあたるでしょうか。
特にハイレグの水着が流行りだしたのは20年以上前になりますからそのころがVラインを処理する走りとなったのは言うまでもありません。

 

もう一つのIラインについてはどうでしょうか。
IラインはVラインよりももっと進めた脱毛処理となります。見た目的には性器周りの陰毛を全て脱毛してしまうことです。
これはそこまで処置をする人は少ないと思いますが確実に需要はあるようです。
Iラインの脱毛方法はデリケートゾーンである粘膜周りの脱毛する必要があります。
もちろん自分で行うよりもお店に任せたほうが間違いがありません。
ここではレーザー脱毛よりも出力の弱いフラッシュ脱毛が効力を発揮することだと思います。
他にはこれも女性に多いのですがOラインという言葉があります。これは肛門周りを指す言葉です。
実は女性の潜在的な意識の中ではOライン処理を望む人はとても多いという調査結果もあります。
最近ではVIO脱毛と3箇所を全て施術してくれるコースもあります。
金額にもよりますがデリケートゾーンの施術は一気に行いたいものですよね。ぜひ、VIO脱毛を試してみてください。

続きを読む≫ 2014/02/09 03:22:09

世の中の女性の間ではエステサロンへの憧れはとても強いものがあるようです。
中でも脱毛サロンは一度は体験してみたいと思う女性がたくさんいます。
それでも実際にエステサロンや脱毛サロンを利用する女性は全体の2割程度といわれています。
これは一度でも体験した人も含まれていますので。習慣的に利用している人は1割にも満たないということです。

 

これは意外な数字ともいえますが。

 

思ったより少ないのか、それでも10人に1人も通っているとは周囲を見渡してもそうは思えないという人も多いでしょう。
憧れはあっても脱毛サロンなどはやはり敷居が高いものです。
脱毛が必要と感じている人は多いのでそのような人達はまずは自宅でできる脱毛方法を試してみることが多いようです。

 

今ではケノンと呼ばれるレーザー脱毛の仕組みをもった脱毛器もあります。
これらを使用することで家にいながらにして脱毛ができるのは大きなメリットといえるでしょう。

 

しかし一方で自宅での脱毛はそれだけでは物足りなくなってしまう人もたくさんいます。
それはプロとアマチュアの違いと脱毛機器の違いもあるでしょう。それはいかんともしがたい技術の差であり、資金の差といえるのです。
家庭用の脱毛器では10万円もすると高いといえますが脱毛サロンの脱毛器は優に100万円は超えるものを使用しています。
これだけでも脱毛のできあがりに違いがあるのは明白だといえるでしょう。
自宅で行う脱毛では自ずと限界があるものなのです。

続きを読む≫ 2014/02/07 03:20:07

男性にとっての髭や女性にとってのわき毛は思春期に入る頃の中学生の時代に気になり始めることだと思います。
男性の場合でしたら人目にもつきやすいですからひげ剃りをその頃から必須になるでしょう。

 

また、女性にとってもわき毛処理というのは生え始めた頃から必須の作業となるのです。
それから一生、延々とした自分での脱毛処理は続いていくのです。
その中で脱毛サロンなどに髭やわき毛の脱毛処理を任せる人も出てきますし、その数は年々増加傾向にあります。

 

エステサロンではもちろん年齢制限というのは設けておりません。いくつになっても誰が入っても何も問題はないのです。
若い女性のための脱毛サロンではありません。
一方で入会時での制限を見てみると概ねどこの脱毛サロンも20歳からの入会ということになっています。
これは特にエステサロン側が文章で理由を述べているわけではありませんが、そこにはやはりトラブル防止の意図が透けてみえます。
エステサロンや脱毛サロンではときとしてトラブルも起こります。
それは自分の思ったような結果にならなかったり金銭的なトラブルを抱えることでときとしてお店側との間で訴訟沙汰になることもあります。
20歳未満の人の場合でしたら、親権の問題で本人だけではなく、保護者も出てきますから問題も複雑化してくるのです。
そのようなことから少しでもトラブルを回避するためにエステサロンや脱毛サロンへの入会は20歳からというようになっています。

続きを読む≫ 2014/02/06 03:17:06
ホーム RSS購読 サイトマップ